佐賀市 内野産婦人科は、WHO・ユニセフ認定のBaby Friendly Hospital 「赤ちゃんに優しい病院」です。
WHO・ユニセフ認定 赤ちゃんにやさしい病院 サイトマップ

内野産婦人科

お問い合わせは
TEL0952-23-2360

当院について

HOME > 当院について > 院長あいさつ
院長あいさつ


内野産婦人科 院長
内野 稔
当院は平成16年WHO・ユニセフよりBFH
(赤ちゃんにやさしい病院)の認定を受けました。

赤ちゃんにやさしいためには、赤ちゃんが喜ぶように、母子の絆、そして家族の絆が 固くなるようにみんなで支援することが必要です。
そのために母乳育児が大切で、母乳は栄養や免疫で秀でているだけでなく、母子の絆を強くし人生のすばらしいスタートのために必須であります。
当院では お母さんが喜んで母乳育児ができるよう、妊娠中から離乳まで支援いたします。

輔仁会とは、より良い医療のために、互いに 助け合い、
一緒になって学び育っていく集まり(病院)です。

当院は女性の味方として妊娠・出産のみではなく・思春期から更年期、そして老年期まで、一生お付き合いします。

沿革
昭和9年 内野總二郎、片田江にて産科婦人科内野病院開業
昭和11年 現在地に移転
昭和12年 院内に厚生省許可の看護養成所・産姿養成所を設立
 ~23年  
昭和43年4月 医療法人 輔仁会を設立
昭和54年4月 現在の病院新築
昭和55年4月 内野稔 副院長就任
昭和56年4月 内野稔 院長就任
院長就任当初より母乳推進する病院としてスタート
平成12年1月 赤ちゃんに優しい病院Baby Frendly Hospitalの取り組み
平成13年4月 「内野病院」より「内野産婦人科」へ名称変更
平成16年6月 赤ちゃんに優しい病院 BFH WHO・ユニセフより認定される。
平成17年1月 育児サークル「ゆりかご」生後2~3ヶ月から1才半までのクラス立ち上げ
平成18年1月 育児サークル「ぶらんこ」1才半~就園までのクラス立ち上げ
平成25年 現在に至る
平成26年は、おかげさまで開業80周年
    BFH「赤ちゃんに優しい病院」認定より10周年